横浜の医療脱毛クリニックでvio脱毛しました

脱毛36

他の人に比べて毛深い私が特に悩んでいたのは、下着からもはみ出るようなデリケートゾーンのムダ毛でした。

この悩みを解消すべく向かったのは、医療脱毛を行っているクリニックです。この記事では、私が医療脱毛を選んだ理由や施術を受けた時の気持ち、また医療脱毛によって肌がどのように変わったのかを紹介していきます。

(横浜で看護師として医療脱毛に携わるうえで気を付けたい点は)

思い出したくない水着での失敗

大学1年生の頃に、仲の良い友達4人グループで海に遊びに行きました。元々ムダ毛の濃い私は水着どころか薄着になるのも抵抗があったのですが、皆が盛り上がっている中では本音を言い出しにくい状況でした。しっかり処理をしていけば大丈夫だろうと自分に言い聞かせ、前日には念入りにカミソリでお手入れをしました。

毛の長い部分は適当にカットし、密集している部分は薄くなるように自分なりに工夫したつもりです。しかし当日、急いで水着を着用したせいか、大きな失敗をしてしまいました。

皆の元へ行った時に、友達の一人からこっそりと「水着から毛がはみ出てるよ」と言われたのです。

慌てて鏡で確認してみると、数本の毛がビキニからはみ出ていました。他の友達2名は知らんぷりしていましたが、おそらく目に入ったと思います。顔から火が出るほど恥ずかしく、その後は海水浴も心から楽しめなかったです。

水着を見る度に恥ずかしい気持ちが思い起こされ、私にとっては苦い思い出となりました。

彼氏が出来て脱毛を決意

エステやクリニックでの脱毛はお金が高い、そもそもデリケートゾーンを人に見られるのは恥ずかしいという思いがあり、しばらくはセルフケアを続けていました。しかし生まれて初めて彼氏が出来たことで、考えも一変しました。

そもそもカミソリで綺麗に剃っても、毛穴の奥まで取り除く事は出来ず、すぐに毛が伸びてチクチクとした痛みを感じます。また所々にカミソリ負けした部分もあり、見た目も綺麗ではありません。彼氏に見られた時にどんな反応をされるのかと思うと居ても立っても居られなくなり、すぐに脱毛施術を行っているエステ、クリニックを探しました。

医療脱毛を選んだ理由

正直なところ、綺麗な肌にしてもらえるならエステでもクリニックでもどちらでも良かったです。エステの方が料金が安く痛みが少ないので自分向きかもと思いましたが、せっかく施術を受けるなら二度と毛は生えてほしくありません。

医療レーザーなら永久脱毛も可能と知り、横浜にある脱毛クリニックへカウンセリングを受けに行きました。施術方法や料金プランなどの説明、さらにメリットだけではなくデメリットも教えてもらえたのは良かったです。全身どの部分も気にはなっていましたが、私にとって一番厄介な部位はデリケートゾーンなので、まずはVIO脱毛コースを選び、第一回目の予約を入れておきました。

(横浜の脱毛クリニックの医療脱毛でムダ毛を永久脱毛する)

恥ずかしさは次第に慣れる

脱毛施術を受けるにあたって懸念していたのは、自分のデリケートゾーンを人に見られるという点です。どんな体勢で脱毛するのか、自分のムダ毛の濃さに驚かれるのではないかなど、色々な不安を感じながらクリニックへ向かいました。

個室に通されると、まずは紙ショーツを履くよう言われたのですが、ショーツ自体はペラペラとしており心もとない薄さでした。「これで隠れるのだろうか」と半信半疑でしたが、何も無い状態よりは恥ずかしさは和らいだと思います。

最初はVラインからの脱毛で、仰向けになった状態で行われました。紙ショーツを少しずつずらしながら照射していくので、恥ずかしいと感じる事は無かったです。続いてのIラインは、仰向けのまま片方の足を立てて横にした状態での脱毛となりました。

途中から看護師さんに紙ショーツは脱ぐように促され、脱ぐ瞬間はさすがに恥ずかしかったです。そして最後のOラインは完全に紙ショーツは脱いだ状態で照射していきました。うつ伏せになって足を少し開いた状態で行われましたが、時間が経過すると共に恥ずかしさは薄れていったように感じます。

恥ずかしさが無くなったのは慣れも大きいですが、看護師さんのテキパキとした仕事ぶりも関係していると思います。日頃から多くの方の施術を行っているだけに、少々ムダ毛が濃いぐらいでは驚かれる事も無かったです。「次は片足を立て下さい」とか「うつ伏せになって下さい」と次々に指示をして貰えたので、私も機械的に動くことが出来ました。

脱毛時の痛みは麻酔で軽減

恥ずかしさと共に心配していたのは、施術時の痛みです。敏感なデリケートゾーンに医療レーザーを照射すると、どれほどの痛みが出るのだろうとカウンセリングでも聞きましたが、人によって感じ方には個人差があると言われました。

つまり実際に施術を受けてみなければ、どれぐらいの痛みが知ることは出来ません。元々痛みに弱いタイプなので、看護師さんには麻酔をお願いしました。頭がぼんやりとする笑気麻酔と、部分的に痛みを和らげる麻酔クリームを併用することで、痛みを全く感じずに最後まで施術を受けられました。

麻酔クリームを使う場合は別料金が必要でしたが、ストレスなく脱毛出来るなら勿体ないとは感じなかったです。

5回の施術で満足できる結果を得られました

初回の施術を受けてから10日が経った頃、そっとデリケートゾーンのムダ毛を引っ張ってみると、スルスルと抜けていきました。力を入れる必要はなく、面白いようにどんどん抜けていきます。一部ムダ毛が残った箇所はありましたが、カミソリで処理した時のような剃り残しはなく、ツルツルのお肌になったのはとても嬉しかったです。

しばらくすると再びムダ毛が生えてきましたが、2回目、3回目と回数を重ねるごとに着実に薄くなっていき、毛が生えてくるスピードも遅くなっていきました。最終的に私は5回の施術で大満足の肌を手に入れられました。

カミソリで処理した時のようなチクチクとした痛みはなく、黒ずみも見当たりません。堂々と水着を着用出来るようになり、彼には自分から「一緒に海水浴へ行こう」と誘うことが出来ました。

脱毛で自信を取り戻せた

クリニックでの脱毛施術は、セルフケアよりお金はかかりますが、比べ物にならないほど美しい肌を手に入れられました。回数を重ねるごとにクリニックへ通うのが楽しみになり、5回目の施術を終えた時は、達成感と満足感で気持ちがいっぱいになりました。

たかが脱毛ではありますが、女性としての自信を取り戻せ、何事にも積極的に挑戦出来るようになったと思います。

関連情報(横浜脱毛クリニック)

投稿日: